♪毎日の練習♪

64409
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

8/20(火)の練習 - まどか

2019/08/20 (Tue) 20:13:52

むつ大学祭に向けての練習が始まりました!

・むつ市民歌
・今、ここに
・一つの出会いから

今日はこの3曲の音取りをしました。「一つの出会いから」は7パートに分かれる部分が少しだけあるので、そこは各パート1人ずつになりそうです。

音取りはひと通り終えましたが、不安な部分が多々あるので、繰り返し練習して正確に音を取れるようにしたいです。

8月16日(金)の練習 - まゆき

2019/08/16 (Fri) 22:31:07

お盆が明けて今日から復帰する人もいたので、最初に昨日の白崎先生と合わせた後の変更点の確認から始めました。
日曜日に本番が迫っているので、あとはどれだけ音を正確にとるか、表現をつけるかだと思います。
自由曲は間に音をとらずに、そのまま進められそうです。
明日は広い部屋で練習できるので、人が多く集まるといいですね。

8/15(木)の練習 - 竜太郎

2019/08/15 (Thu) 22:21:34

本日は白崎先生をお招きしての活動でした。

①フレーズを長めにとらえる
②ハーモニーをいちばんに重視する
この二点が今日のポイントです。

①について
これは登山のようなものでしょう。いくら小さい山でも、上り坂、頂上、下り坂があります。これと同じで、各フレーズにも大事な場所(頂上)があります。そしてそれに向かう上り坂と、収束していく下り坂があります。小さい山がぽこぽこ並ぶより、雄大な山が堂々と並んでいる方がいいですよね。これをイメージすれば良い音楽ができるのではないでしょうか。

②について
ハーモニーは合唱の基本です。まず自分の音が正確であることが大前提。その上で、声の調和を目指しましょう(少人数だからといって声量を頑張って出す必要はありません)。特に最初。最初の和音が決まると、強い印象を与えることができます。自分の中で目標点を定め、ど真ん中ストライクをねらいましょう。100%決まるわけはない。しかし、ねらいすませば限りなく100%に近づきます。第一声、ねらいすましましょう。あと、それ以外にも長く伸ばすところも音が悪いと目がつきやすいです。伸ばしの和音、しっかり決めましょう。人の声だからこそできるハーモニーのちから。これを侮っていては良い合唱はできません。

コンクールに出るのです。それなりのものは見せられるように努力しましょう。

8/14の練習 - ミウラ

2019/08/14 (Wed) 15:59:10

今日は文京町会館で練習を行いました。
本番の順番通りに通して全曲やりました。まだ完成ではないというか、私自身が音やタイミングが合わないことがあったので、ちゃんと周りを聞いて合わせていきたいと思います。

明日は白崎先生がいらっしゃいます。
暑い日が続きますが、本番まであと少し体調に気をつけて頑張っていきましょう!

8月13日(火)の練習 (全体) - サカス

2019/08/13 (Tue) 17:26:26

今日はコンクールの3曲を練習しました。
本番まで残りわずかなので、しっかりと仕上げていきたいと思います。

8月8日木 合わせ - ヒム

2019/08/08 (Thu) 19:52:58

今日は合わせをやりました。
本番まであともう少し、頑張りましょう

8/5の練習(全体) - けいか

2019/08/07 (Wed) 20:05:27

書くのが遅くなってすみません。
今年度初めて白崎先生に来ていただいて、コンクールの曲をご指導していただきました。
蜂が一ぴき…は、「はちがいっぴき」「あおいめをした」などの言葉の運び方に気をつけること、28小節目の「あたらしい」を全パート揃えること、45小節目のアルトだけ音が動くところを聴いて次に行くことをやりました。
鳥のように栗鼠のようには、各々カウントを取ること、38~39小節目はブレスをしてもいいけど気持ちは繋げること、最後は休符ごとにブレスしてもいいからハーモニーを決めることをやりました(二疋の大きな白い鳥がは時間の関係で少ししかできなかったので省略させていただきます)。
全体としては、もっと音の精度を上げる、繰り返されている言葉の意図を考える、(栗鼠は別として)ずっと同じテンポではなく緩急をつけてみる、などをすればもっと良くなるとのことでした。
県大会まで今日を除けばあと10日、練習できる日を数えるともっと少ないです。時間的余裕は全然ありませんし、みなさん忙しいとは思いますが、残り少ない日数でもっと煮詰めていい演奏をできるようにしましょう。

7/29(月)の全体練習 - まどか

2019/07/29 (Mon) 22:01:42

立っているだけでしんどくなるような蒸し暑さの中での練習でした。お疲れさまでした。

今日は、課題曲と自由曲を全て録音してみました。3曲ともまだまだ音程が不安定です。また、自由曲は強弱をつけているつもりでも、実際に聞くとその違いはあまり感じられなかったので、自分で思っている以上にしっかりと差をつけて歌わなければならないな、と思いました。

県大会まで3週間を切りました。テストを乗り切って、夏休みはみっちり練習を頑張りましょう!

7/25(木)の練習(男声) - たくろう

2019/07/28 (Sun) 22:19:38

遅くなってしまいすみません。
今日の練習は「蜂が一ぴき・・・」・「二疋の大きな白い鳥が」を練習したあと、「鳥のように栗鼠のように」をメトロノームなしで指揮に合わせて歌う練習をしました。
「蜂が一ぴき・・・」と「二疋の大きな白い鳥が」はクレシェンド・デクレシェンドを意識してやることに気をつけ(日頃の練習から)、「鳥のように栗鼠のように」は入りの場所や他パートに合わせることなどに気をつけ、指揮でしっかり歌えるようになればいいのかなと思いました。
コンクールがどんどん迫ってきているので、そういう意識をもって練習に臨みたいと思います。

7月23日㈫の練習(全体) - まゆき

2019/07/25 (Thu) 07:58:48

お疲れ様です。
投稿遅くなりました、申し訳ありません。
今日は発声の後、「蜂が一ぴき…」と「二匹の大きな白い鳥が」の合わせをし、「鳥のように栗鼠のように」も初めて合わせることができました。
「蜂が一ぴき…」は強弱に慣れてきた感じがします。人が集まった時に歌い込めれば、ほかの曲と比べるとこの曲は問題ないかと思われます。

「二匹の大きな白い鳥が」はまだ歌いなれていない感じがするので、歌う回数が増やせるといいですね。
「栗鼠」はまだテンポ感がつかめていない感じがするので、それぞれ音源を聞くなり頑張りましょう。

テストとの両立もあり、大変な時期かとは思いますが、テストと大会を乗り越えれば夏休みです!体調に気を付けて頑張りましょう!


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.